日々の出来事や、VWの情報などを発信しています。

まっちゃんのブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
年度末はうっとおしいですな!
今日は、朝から陸事めぐり。
朝は姫路陸事に行って、昼から神戸の陸事に行って帰りに西神戸の陸事ですわ。
姫路はそんなに混雑してなかったけど、神戸の二つはデパートのバーゲン状態。
国もしょうもない事に金をばらまくんやったら、もうちょっとこういった事にも金を使ってスムーズになるように考えたらどないやねん。
車の登録や抹消の書類くらい今の技術からしたら簡単にできる事やと思うけどな。
無駄な書類いっぱい書かせやがって!
もっと頭使え!アホの政治家どもが!

今の政治は世間知らずの頭でっかちの集まりやから、この事に限らず理解できん事が多いんやろな。
今日はイライラしたから、ちょっとボヤいたった。

そしたら車の話や。

1965年のビートルほぼ完成。
DSC05761.jpg
DSC05762.jpg
DSC05763.jpg
こんなに綺麗になりましたで!
DSC05426.jpg
DSC05430.jpg
もともとはこんな状態でした。
結構腐って穴が開いてるところが多かった車です。

DSC05765.jpg
フロントフード内。
DSC05764.jpg
ホイールもブラストをかけて塗装。
DSC05766.jpg
ガソリンタンクも磨いて綺麗に塗装。

全体的に見違えるようになりましたよ。
ビートルはパーツが多いから新車のように復元できます。

今回、パーツはオーナーさんがアメリカより質の良いジャーマンの純正パーツを取り寄せGARAGE BUGが組み付けました。
良いパーツを使用すると、仕上がりも一段と良くなりますね。

DSC05767.jpg
これは、タイプⅡにTIPE-Ⅰのミッションを取り付けたところ。
後はエンジンを載せるだけ。

DSC05769.jpg
2074CCフルチューンエンジンを搭載したビートル。
DSC05768.jpg
今回は車検。
CBパフォーマンスのオーバルポートヘッドを使用し燃焼効率を良くしている為、結構ガスはクリーンです。
因みにキャブは48パイのWEBER IDF.

DSC05770.jpg
何かがおかしいロードスターの4連スロットル。
排ガスが、珍獣ハンターイモトの眉毛みたいに濃いんですわ。

しかし、このOERと言うメーカーはすごく親切でいろいろ教えて頂けます。
最近は売りっぱなしのメーカーが多い中、この会社は素晴らしい!

トラブった事から、いろいろ勉強でき、かなりのノウハウが持てそうな感じがしてきましたわ。
早くセッティングができて、どんな感じか皆さんに伝えたいですな。


スポンサーサイト

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

| ビートル | 17:47 | トラックバック:0コメント:3
レストア他
DSC05743.jpg
1965年のビートル、ボディの磨きにかかってます。
もうすぐ完成。

DSC05741.jpg
TIPE-Ⅱは現在ブレーキを交換中。
マスターシリンダーに漏れ発見。
再度、外して取り付け中。
ガソリンタンクもこの際外して、錆がないかチェックします。

DSC05742.jpg
ブラックのカッコいいジムニー、ほぼ完成。
やっぱりブラックは良いですなぁ。
売り物です。

DSC05746.jpg
夜中にこっそり取り付け中の、ロードスターの4連スロットル。(お昼はお客さんのやらなあきませんやろ。)
エンジンかけたのですが、黒煙がひどい状態。
どうも、コンピューターの誤作動の感じ。
インジェクターがキーONで開きっぱなしになってるみたい。
コンピューターをメーカーに送り返して点検中。

これは、噂には聞いてたけど超厄介もんですわ。(吹きあがりと、サウンドは抜群やねんけどね。)
えらいもんに手を出してもた!って感じ。
こいつのおかげで寝不足になってますねん。

明日はお休みです。
では、また明後日に。
| ビートル | 18:59 | トラックバック:0コメント:0
ビートルレストア他
ビートルのバハマブルーを塗装する箇所は完成。
最後のドアと、クーラーボックス塗装しました。
DSC05702.jpg
次は、シートのフレームなど当時の純正色で塗装します。
平行して、ボディも組み付け中。

ジャンルは違って、ロードスターの4連スロットル入荷。
DSC05701.jpg
OER製ですごく作りは良いですよ。
これを付けて、どれだけパワーアップするか?
走りより、サウンドが楽しみやね。

以上!
| ビートル | 19:17 | トラックバック:0コメント:0
ビートルのレストアなど
一度塗った色が、バハマブルーではなかったので、再度塗り直ししました。
DSC05676.jpg
DSC05677.jpg
データーが無かった為、再度オーナーさんと色を作りました。
良い感じに仕上がりましたよ。
リアフードも塗れてるので、次はドアにかかります。

DSC05669.jpg
1963年式ダブルドア パネルバス
ミッションコンバージョンキットを使用して、タイプ1のミッションに交換中。
DSC05670.jpg
このタイプ1のミッションに交換する事により、すごく走りやすくなります。

驚きのクラウン 観音開き 昭和32年式
DSC05679.jpg
DSC05674.jpg
本日、岡山からもって帰ってきました。
この車のオーナーは、現在1965年式のビートルをレストアされてる方で、これで2台目。
現在乗られてるのは、昭和36年式。(この前、画像アップしてた車)

この32年式の現在の状況
もちろん不動車。
ブレーキは、ドラムにシューがガチガチにへばり付いて、3人で押してもビクともしない状態。
ブレーキペダルはスコスコで完全に抜けてます。
クラッチも完全に抜けてる状態。

ボディもさすがに年式相応。

これから、この車の復活にかかります。
う~ん、大変や。

細かいところは後日アップしますわ。

でも、あるんやね、まだこんな車が。
内装なんかシビレまっせ!
こんな車見てたら、旧車好きのマッチャンは現在の車はアホらしくて見てられませんわ。
車と家を間違ってるんやないかいなって。

車にゴージャスいるか?
ブレーキなんか、コンピューターに頼らず、人間の力で止まったらええんと違いますのん。

車もまた、アナログに戻ったらええのにね。

って、個人的には思いますねんや。

| ビートル | 18:11 | トラックバック:0コメント:0
65年ビートルのレストア
本日、ボディを塗装しました。
DSC05618.jpg
DSC05621.jpg
ボディカラーは、1965年式の純正カラー、カラー№、L-519 バハマブルー

このカラーの配合を、デュポン、シッケンズ等調べたのですがデータが残ってなかったので、現車に残ってた元色に合わせて調合しました。

DSC05622.jpg
フロントエプロンもこんなに綺麗になりました。
DSC05623.jpg
フロントエプロンの底部、もともと凸凹でファイバーでごまかしてたような状態でしたが、全て剥離、補強し元の姿に戻しました。

次は、フェンダーの塗装にかかります。
| ビートル | 19:27 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

ガレージバグ

Author:ガレージバグ
まっちゃんのブログへようこそ!!
ガレージバグのサイトも是非ご覧ください。
http://www.garagebug.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。