FC2ブログ
日々の出来事や、VWの情報などを発信しています。

まっちゃんのブログ

遂に!!! | main | BUG IN 青山剛昌ふるさと館Vol、3 大成功!!やったと思うマッチャン😄
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
マッチャンの自信作!ついに試作品完成😬😬😬
前からずっと考えてた事があって。
それは夏場のカルマンギアのオーバーヒート対策。
今年の夏は強烈に暑かった!
ビートルの場合はリアフードのロック部に空き缶を挟んだりしてフードを浮かせて走るのはみんなやってる事よな。
実際これをやる事で油温が15度前後抑えられるもんね。
エンジンフードに篭った熱気を逃す事によりキャブに熱気を吸わせず、オーバーヒートを妨げる要因にもなります。

ビートルは空き缶で対策出来るけどカルマンギアは空き缶とか挟めないんよな。
ヒンジの部分を浮かすのは有るけど、これは面倒臭いし雨が降ってきたら困るしね。

そこでマッチャン、これを作りましてん!
20161005210839599.jpeg
20161005210906743.jpeg
20161005210915a85.jpeg

カルマンギア用フードをチョイ浮かしてオーバーヒートを防ぐパーツ。(名前決まってませんねん。)
鉄製で全て削り出しのMADE IN JAPAN!
スエカゲツールさんに協力してもらいました。

どの様に使用するかと言うと。
201610052109157c7.jpeg

リアフードのキャッチ部分に押し込むとキッチリと噛み込みます。
フードを閉めると、
201610052109150b8.jpeg

こんな感じでフードが持ち上がり熱気を外に出せます。
外す時はフードを閉めた状態でフードオープナーを引っ張ると純正ラッチと同じくスプリングの力でポン!と持ち上がり外れる仕組みです。

もちろん走行テストも行いフードがバタつくとかも有りません。
フードが重いので、また走行時は空気抵抗でフードが下に押されてるので開いたりする事もありません。
接点部分はラバーを入れてるので異音も無し☝️
また今年の炎天下の中でのテスト結果は1時間走行で開けてる状態と閉め切ってる状態では油温が約15度の差が出ました。
またアイドリングも開けてる方が明らかに安定してました。

これから本格生産にかかって行きます。
完成品はサビを防ぐ為にクロームメッキを施した物になります。
精度の高い手の込んだ商品ですが、極力安価で販売するようにしますからね。
カルマンオーナーの皆さん、乞うご期待kjださいな✋✌️😄
スポンサーサイト
| 未分類 | 21:32 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://garagebug.blog95.fc2.com/tb.php/1028-16fcd6da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ガレージバグ

Author:ガレージバグ
まっちゃんのブログへようこそ!!
ガレージバグのサイトも是非ご覧ください。
http://www.garagebug.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。